宮城県柴田郡の歴史

宮城県柴田郡の歴史とは

歴史と伝統のある宮城県柴田郡

宮城県柴田郡は、江戸時代は伊達藩の領内でした。山形方面から仙台藩や江戸へ向かうための街道沿いに多くの部落が並んでいました。明治維新の廃藩置県により、仙台藩が宮城県に改められたことで、宮城県柴田郡は宮城県の一部として位置づけられました。明治の初めには35の村に分かれていましたが、明治22年の町村制への移行に伴い1町7村になり、その後は村から町への移行や、合併等により現在の姿となりました。宮城県柴田郡は現在、大河原、村田、柴田、川崎の町からなり、県南における、行政や経済活動の中心的存在となっています。宮城県柴田郡の歴史は交通網の発達と共に歩んできました。国道4号沿いの大河原町は、国や県の出先機関が集まる、県南の行政の中心地です。同じく、柴田町は船岡地区を中心に発達し、現在は大型住宅地が造成されています。宮城県柴田郡の中で、唯一、東北自動車道のインターチェンジがある村田町は、交通の要所として発展を遂げています。川崎町は、山形自動車道の沿線に位置し、新たな住宅地も建設されています。宮城県柴田郡は、県内でも道路交通の発達した地域として、工場の誘致や、住宅地の建設などにより、現在も変貌を遂げています。

↑PAGE TOP

Copyright © 宮城県柴田郡の歴史とは. All rights reserved.